ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】千葉県柏市の皮膚科クリニック最終譲渡契約調印

【成約報告】千葉県柏市の皮膚科クリニック最終譲渡契約調印

  • 活動報告

千葉県皮膚科クリニック
医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

柏市の皮膚科クリニック事業譲渡契約調印

本日は、千葉県柏市の皮膚科クリニックの最終譲渡契約の調印がありました。

【案件No-1019】千葉県皮膚科クリニック譲渡案件情報

この皮膚科クリニックは平成3年に開業し、以後27年間診療を行ってきました。
院長高齢化と後継者不在のため、今から1年半前に当社に後継者探しのご依頼を頂きました。院長は譲渡対価を得ることよりも、患者と職員の雇用を引き継ぐをことを第一に考えていたため、当社が提案した譲渡価格よりもかなり低い金額で案件化しました。

年内一杯で後継者が見つからなければ、クリニックを廃院する予定でしたが、良いご縁があり、11月1日より後継者のドクターにクリニックを継承することになりました。

ドラッグストア併設で集患力がある郊外立地のクリニック

このクリニックは最寄駅から5km程度離れた郊外立地ですが、交通量の多い生活道路に面した集客力のあるドラッグストアの2階に併設されたクリニックモール内にあるため、認知度と集患力が高いクリニックです。
いわゆる郊外型のクリニックですが、来院患者はドラッグストアに併設された50台以上ある駐車場を利用することでき、また近隣は住宅街が広がっているため、足元の商圏内人口で十分な集患が出来ています。
また競合となるクリニックも少なく、良好な診療圏が形成されておりますが、院長はガンガン集患して売り上げをあげるという方針ではなく、租税特別措置法の範囲内で自分のペースで診療されることを望まれていたため、ホームページなどの増患対策や自費診療などの増収メニューを一切行っておりませんでした。
継承されたドクターはこれからホームページを開設し、集患対策を図りつつ、レーザーなどの医療機器を導入し、自費メニューも充実させていくため、今後の伸びしろがとても楽しみです。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。