ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】神奈川県内科クリニック最終譲渡契約調印

【成約報告】神奈川県内科クリニック最終譲渡契約調印

  • 活動報告

神奈川県、内科クリニックM&A成約

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&A仲介支援のメディカルプラスです。
本日は神奈川県横浜市にある内科クリニックの医療法人出資持分譲渡契約を締結しました。

神奈川県横浜市内科譲渡案件【SM-1143 】

こちらの内科クリニックは、平成5年に個人開業し、平成10年に医療法人化されました。院長の専門である消化器疾患に加え、生活習慣病や風邪、インフルエンザの診療など一般内科全般を幅広く診療し、盛業されてきました。近隣には内視鏡検診を実施しているクリニックがなく、現在でも年間1000件以上の内視鏡検診の実績があります。多くの患者さんが通院されておりますが、院長の高齢化と後継者不在のため、今年5月に後継者探しの依頼をいただきました。

8月から9月にかけて数名の候補者とトップ面談を行いました。面談を行った候補者のなかから、譲渡時期、臨床経験、患者さんやスタッフとの相性などを考慮し検討を行いました。
本日は売主様の奥様も同席され、和やかな雰囲気で最終譲渡契約の調印が終わり、来年4月1日の理事長交代に向けて引継ぎを行っていきます。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事