ホーム » コラム » 医療継承コラム » 譲渡しやすいクリニックと譲渡しづらいクリニックの差とは?それぞれの特徴をお伝えします。

譲渡しやすいクリニックと譲渡しづらいクリニックの差とは?それぞれの特徴をお伝えします。

  • 医療継承コラム

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日はクリニックM&Aにおいて譲渡しやすいクリニックと譲渡しづらいクリニックについてお伝えいたします。クリニックM&Aを成功させるためには、買手の立場に立って考えることが重要です。買手に対して魅力的な案件であることをPRするためには、譲渡前の念入りな下準備が必要不可欠になります。この記事では、譲渡しやすいクリニックと譲渡しづらいクリニックの特徴を通じて、将来的にクリニックを譲渡しようとお考えの院長様のお役に立てる情報をお伝えしていきます。

譲渡しづらいクリニックの特徴

買手にとって資金を投じておこなう承継開業は、事業投資そのものです。
投資とはキャッシュを投下して、投下資金よりも多くの価値を回収しようとする行為をいいますが、クリニック承継において期待される価値とは、次の要素になるでしょう。
①時間を買う(=開業&集患にかかる時間・コストをカットし、早期に収益を上げる)
②シナジー効果(=既存価値との相乗効果・投下資金を超える回収)
③将来にわたる安定的な収益獲得と成長の基盤
これらの価値に見合う投資案件であれば、買手を見つけるのは難しくありません。逆に、
こうした買手の期待にフォーカスしていないクリニックM&Aは、なかなか成立しづらいと言えます。
たとえば、売手側に次のような特徴が見られる場合、それは譲渡しづらいクリニックである可能性が高くなるでしょう。
①売り手が「いつ売れるか、いくらで売れるか、希望条件で売れるか」と、自分本位でしか考えていない
②投資リスク(将来の不確実性)が高い
① については、イメージがしやすい部分かと思いますが、②については、少し補足する必要があるかもしれません。

買手にとってリスクは極力排除したい存在

クリニック事業は、将来にわたり安定的な収益を期待して行う事業です。したがって大きな投資リスクというのは嫌われることになります。
投資にもいくつか種類があって、積極的にリスクを取りに行く投資もあります。たとえば、金融投資(株式やFXなど)では、時価の変動というリスクを積極的に狙いに行きます。しかし、クリニック事業に対する投資は、大きな事業リスクをヘッジしつつ、極力将来に対する不安定性を排除しながら、持続的な成長と安定した収益性を期待する事業投資です。
ですから、クリニックM&Aにおいて、承継後の事業展開に影響を及ぼす明確なリスクが認められる投資案件に対して、買手は手を出しづらいのです。財務内容が不明確(開示しない・いい加減など)であったり、債務額が大きすぎたり、債務に対する保証を行っていたりすることは、買手から敬遠されるでしょう。
逆に買い手にとってのリスクを減らすことができれば、クリニックM&Aによる事業譲渡は成立しやすくなります。
たとえば、不要な資産や負債をクリニックM&A前にスリム化しておけば、買手から好感を得られるクリニックになるでしょう。また、クリニックの財政状態と経営成績を正確に開示することで、過去の実績と現在の状況を把握でき、将来の予測がしやすくなりますので、買手の安心感につながるはずです。くわえて可能な限りリスク要因を細かく分析(人事・労務リスクなど)し、クリニックM&Aまでにそのリスクを解消しておくことも、大変重要になります。
このように、クリニックM&Aによるクリニック譲渡が成功するかどうかは、じつは買手とのマッチングを模索する前から始まっています。買手からすれば、潜在的な患者数や周辺の競合医療機関の状況はたしかに気になるでしょう。しかし、いくら周辺環境が優れていても、リスクにまみれたクリニックを買おうとは思わないはずです。事前の念入りな準備により極力リスクを排除することは、クリニックM&Aを考えるうえで最も重視すべき要素なのです。

無料相談を実施しております

当社では無料相談を実施しております。クリニックM&Aを確実に成功させるためにも、ぜひ早めにご相談ください。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。