ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】埼玉県さいたま市小児科クリニック事業譲渡契約調印

【成約報告】埼玉県さいたま市小児科クリニック事業譲渡契約調印

  • 活動報告

本日は埼玉県さいたま市にある小児科クリニックの事業譲渡契約を締結しました。
【埼玉県さいたま市小児科譲渡案件 SM-1265】

長男は実家を継承せず第三者へ医院継承

この小児科クリニックは、現院長が15年前に開業されました。院長には小児科専門医である長男がおりますが、親が開業したクリニックを継承する意向はなかったため、第三者への医院継承を検討され、弊社にご依頼いただきました。
一般的な小児科の診療内容とは異なり、一般診療、乳児健診、予防接種は積極的に行っておらず、完全予約制で特定の疾患に特化した診療をおこなっていることに加え、コロナ禍の影響により患者数が減少していることもあり、後継者のマッチング難易度が高い案件でした。

 県外からも多数の患者が通院されてます

一方で見方を変えると、特定の疾患に特化した診療を行っているため、埼玉県内全域はもとより栃木県、群馬県、東京都など他県からも多くの患者様が来院しており、今までの診療内容を継承することに魅力を感じていただける方でしたら、特定の疾患に対する認知度が高く、また疾患名でネット検索したときに必ず上位に表示される強いホームページもあります。こうした無形資産を引き継げるということは後継者にとって大きなメリットです。こうした数値では測れないクリニックの魅力をきちんとお伝えし、候補者とのマッチングを進めてきました。
今年8月に医院継承のご依頼をいただき、年内に後継者が決まらなければ来年3月で廃業されるお考えでしたので、限られた時間のなかで、弊社提携先のネットワークを通じて診療方針が合う4名の候補者をマッチングしました。
そのうち2名の候補者が継承に向けた意向を示し、うち1人と9月初旬に基本合意契約を締結し、本日最終契約調印となりました。
マッチング難易度が高めの案件でしたが、提携先の協力を得て、依頼から2か月で成約となりました。これから来年4月1日の院長交代に向けて引継ぎをおこなっていきます。

無料相談を実施しております

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。