ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】東京都千代田区耳鼻科クリニックの最終契約調印

【成約報告】東京都千代田区耳鼻科クリニックの最終契約調印

  • 活動報告

内科クリニック医院譲渡成約報告

 

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

本日は、東京都千代田区にある耳鼻科クリニックの最終譲渡契約の調印がありました。

【SM-1036】千代田区耳鼻科クリニック譲渡案件情報

 

創業100年以上のクリニックが第三者事業承継により存続可能に

本日成約した耳鼻科クリニックは、現院長の祖父が大正6年にクリニックを開業し、以後親子3代、100年以上に渡りクリニックを開業してきました。現院長になってから建物の建て替えを実施されており、内外装はとてもキレイです。院長は数年前から体調を崩されて後継者がいなかったため、昨年春にクリニックを継承したいとご相談を頂きました。
院長の体調不調により患者数を制限していたため、売上はピーク時の半分程度まで下がっておりました。しかし、診療圏調査を行ってみると、都心部にクリニックがあるため、商圏人口は昼間人口、夜間人口ともに年々増加しており、競合医院もほとんどなく、1日百数十名の推計患者数が出ておりました。
院長へのヒアリングでも予約外の患者など断っている患者が相当数いることがわかっていたため、クリニックの潜在的なポテンシャルを考慮して、新院長が当クリニックの継承を決断されました。

これから新院長の7月1日開業に向けて、今後職員の雇用引継ぎや各種契約の再締結を行っていきます。

このような地域に根差した歴史あるクリニックの引継ぎに携わらせていただいたことをとても光栄に思います。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。