ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】埼玉県内科クリニック最終契約調印

【成約報告】埼玉県内科クリニック最終契約調印

  • 活動報告

医院継承最終譲渡契約締結

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

埼玉県内科クリニックの出資持分譲渡契約調印

本日は、埼玉県にある内科クリニックの医療法人出資持分譲渡契約がありました。

【案件No-SM1121】埼玉県内科クリニック譲渡案件

こちらのクリニックは、平成6年開業、平成9年に医療法人化し、開業から24年間クリニックを運営してきました。売主様は若く開業されたため、まだ50代とお若いのですが、アーリーリタイアして海外へ移住するために、医療法人を譲渡することとになりました。

標榜は内科のみで、約9割が慢性疾患の患者構成のため、季節変動が少なく、年間を通して収益性が安定したとても高収益なクリニックです。

当社では理事報酬に法人営業利益と削減可能な経費を加えた合計金額を修正後の実質利益と呼んでおりますが、こちらの医療法人の実質利益は約1億円の利益が出ています。

3名の候補者の中から後継者を決定

今回の医療法人譲渡に関しては3名の候補者とトップ面談を行いましたが、冬季の繁忙期には1日の来院患者数が180名を超えるほど盛業しているクリニックのため、後継者には人柄や経営資質に加え、高い臨床スキルが求められる案件でした。
なぜかというと、現院長と後継者のドクターの間で外来診療スピードなどのスキルに差があると、当然のことながら継承後の売上、利益が減少する可能性が高いためです。

十分な後継者選考プロセスを経て、本日最終契約調印となりました。
この医療法人は患者数がとても多いクリニックですので、通常よりも長めの引継ぎ期間を設け、これから患者の引継ぎを行っていきます。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。