ホーム » コラム » 医療継承コラム » クリニックM&Aで頼れるアドバイザーの5つの条件とは?

クリニックM&Aで頼れるアドバイザーの5つの条件とは?

  • 医療継承コラム

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日はクリニックM&Aを考えたとき、どのようなアドバイザーに依頼すればよいのかについて説明いたします。M&Aによるクリニック譲渡をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

クリニックM&Aで選ぶべきアドバイザー5つの条件

クリニックM&Aは非常に専門性の高い事業領域です。“M&A”という名称ではありますが、いわゆる一般的なM&Aとは異なる点も多いため、クリニックM&A専門のアドバイザーを探す必要が出てきます。その際には、次の5つのポイントを重視して、クリニックM&Aのアドバイザーを選択すると良いでしょう。

ポイント1 クリニックM&Aを専門的に行っている
ポイント2 医療業界に精通している
ポイント3 クリニックの価値を最大化できる
ポイント4 的確な相場観を持っている
ポイント5 全面的に信頼できる

クリニックM&Aを専門的に行っている

クリニックM&Aは特殊性が高く、専門的な知識がなければM&Aを成功させることが難しいものです。この観点からすれば、日々専門的にクリニックM&Aへ取り組み、数多くの実績を持っているアドバイザーを選択するべきでしょう。また、売り手は後継者探しを主眼として、クリニックM&Aを希望されるわけですが、どうしても「売る」という方面へ視線が行きがちで、地域診療への影響や従業員への配慮という観点が希薄になります。クリニックの将来のあり方を提案し、院長を含めた「クリニック全体」にとって最適なM&Aになるような舵取りができるアドバイザーを選択すると良いでしょう。

医療業界に精通している

クリニックM&Aを行うにあたっては、医療業界の動向に目を向ける必要があります。その時々の医療業界を取り巻く環境や、医療業界における全体的な課題などによって、当然クリニックM&Aも大きな影響を受けるわけです。はたして性急にM&Aをすることがベストな選択なのか、後々トラブルになるような火種は見当たらないかなど、医療業界の状況に応じた的確な対策ができるアドバイザーに依頼しましょう。

クリニックの価値を最大化できる

クリニック価値の最大化は、院長にとっては非常に喜ばしいことです。また、クリニックの価値が上がれば、買い手への訴求力も上がり、最終的な満足度も高まります。従業員の労務環境の改善や余剰資産の整理、クリニックの財務内容向上など、的確にクリニックの価値を高める対策を提案してくれるアドバイザーを選択すると良いでしょう。

的確な相場観を持っている

専門的な知識やノウハウがあることは当たり前ですが、きちんと納得できる価格を提示してもらえるかも重要なポイントです。提示された価格に納得できない点や、理解できない点があったときには、面倒くさがらずに詳細な説明を求めてください。その質問に対して、真摯に明確な根拠を示して堪えることができるアドバイザーを選択するようにしましょう。納得してクリニックM&Aを進めるために、相場についてはセカンドオピニオンの利用も検討すると良いと思います。

全面的に信頼できる

クリニックM&Aを進める中で、クリニックの財務情報や院長に関する情報など、かなり細かい情報をアドバイザーに預けることになります。また、院長の家族背景などの情報も理想的なクリニックM&Aを実現するためには必要です。全面的に信頼できるアドバイザーを選ばないと、後々になって後悔する可能性がありますよ。

無料相談を実施しております

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。