ホーム » コラム » 医療継承コラム » クリニックは親子承継にこだわる必要はない?親子間トラブルを回避する方法とは

クリニックは親子承継にこだわる必要はない?親子間トラブルを回避する方法とは

  • 医療継承コラム

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日はクリニックの親子承継にかわる選択肢についてお伝えいたします。近年、クリニックの親子承継の難易度は年々上がってきております。この記事では、親子承継のお悩みをどのように解決することが望ましいのかについて、一つの解決策を提示させていただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。

年齢からみる親子承継の難しさ

近年では親子承継は大変難しく、そのハードルは非常に高くなっているのが現状です。医師免許を取得する難易度そのものが上がっていることや、診療科目の違い、開業医のリスクを嫌い勤務医へこだわる人が増えていることなど、その理由は様々です。
ここではクローズアップされることが少ない「年齢」という観点からも、親子承継の難しさをお伝えいたします。
一般的な開業医の適齢期は40歳前後と言われています。また、厚労省の人口動態統計によれば、第一子を設けたときの父親の年齢は約32歳だそうです。つまり、第一子が順調に成長したとしても、その時に父親の年齢は70歳を超えている計算になります。近年では50代・60代という年齢でリタイアされる開業医の方も増えています。70代、80代のご高齢まで現役だった開業医の院長様のなかには、子供にクリニックを承継してほしかった、でもできなかったから廃院を選択した。そんな開業医の院長様が増えています。今後、晩婚化がますます進行すれば、クリニックの親子承継のハードルも、比例して上がっていくと予想されます。

クリニックを親子承継する目的は?

ここまで見てきたように、クリニックを親子承継するのは現実的になかなか難しいのが実情です。親子承継ができればそれに越したことはありませんが、これから先の時代の開業医は、あらかじめ「親子承継できなかった場合」のことを想定しておくことも重要になるでしょう。
そこで考えていただきたいのが、そもそもクリニックを親子承継する目的はなにか?ということなのです。おそらく、ほとんどのかたは「確実に子どもへ財産を引き継がせるため」と答えられると思います。創業者利益をシッカリと確保し、お子様に渡したいというお考えは至極当然ですし、誰からも批判されるものではありません。
このように「財産の承継」が目的であれば、クリニックM&Aによる第三者への経営権譲渡は、有力な選択肢の一つとしてお考えいただく余地があると思います。

クリニックM&Aによって「財産の承継」を

クリニックM&Aを考えるうえで重要なのは、「財産の承継」と「事業の承継」は別物であるということです。「財産の承継」を達成するために、かならずしも「事業の承継」は必要となりません。
クリニックM&Aを行うことで、創業者利益を確保できなくなる、ということを懸念する院長様がおられますが、それはまったくの誤りです。仮にクリニックM&Aによってクリニックの経営権を第三者に譲渡したとしても、今まで築いてきた利益を回収する手段(例えば退職金や譲渡対価などによって)はあります。けっして創業者利益を失うことにはなりません。もし、親子承継の目的が「事業の承継」でないのでしたら、クリニックM&Aは有効な選択肢の一つとなるはずです。お子様に過度なプレッシャーをかける必要もなくなりますので、家族トラブルも回避することができるでしょう。

事業承継のお悩みはメディカルプラスにご相談ください

当社では多くの買手希望者様の案件を抱えていますので、希望条件でのマッチングを、なるべくご希望のタイミングで成立させられます。クリニックM&Aに関するマッチングからクロージングまでワンストップでご依頼いただけます。当社では無料相談を実施しております。クリニックM&Aが成立するまでには、ある程度の時間が必要ですので、早めのご相談をお勧めします。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。