ホーム » コラム » 医療継承コラム » クリニックを譲渡する際の選択肢

クリニックを譲渡する際の選択肢

  • 医療継承コラム

クリニックを継承・譲渡する際の選択肢

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

本日はクリニック院長が医院の継承・譲渡を検討する際の選択肢についてお伝えします。

医院継承における3つの選択肢

院長がクリニック(医療法人)の継承を検討する際、選択肢は大きく分けて以下の3つの選択肢があります。

①子供(親族含む)への継承
②勤務医(知人や後輩)への継承
③第三者への継承

選択肢①子供(親族)への継承

まず①の子供(親族)への継承についてですが、親族に医師がいる場合は親族への継承が第一の選択肢になります。親族に医師がいる場合は、なるべく早めに本人に意思を確認した方が良いでしょう。なぜかというと親は将来子供が継ぐものだと思いこんでいて、実際子供はクリニックを継承する意思がなかった場合、そのまま後継者を見つけることができず、廃院せざる負えないという状況が起こり得ます。そうした不本意な休診や廃院をしないためにも、子供には早めに継承する意思の有無を確認しておくことが大事です。

選択肢②勤務医や後輩知人への継承

親族に医師がいない、あるいは子供に継ぐ意思がない場合、次の選択肢となるのが②の勤務医への継承です。非常勤のドクターを雇用している場合、そのドクターに継承を打診してみる、あるいは後輩や知人のドクターの中から後継者を探すという方法もあります。しかし勤務医への継承はなかなか難しいのが実状です。
なぜかというと厚労省のデータでは、現在全国のクリニックのうち約8割のクリニックは医師一人体制で診療を行っており、そもそも後継者候補となるドクターがいないクリニックが大半を占めます。一般企業の場合、親族に後継者がいない場合、役員や従業員への継承するケースもありますが、クリニックの場合はクリニック特有のこうした事情により、従業員への継承は一般企業よりもさらに難しいのが現状です。

全国クリニックの約8割では医師一人体制

 

選択肢③第三者への継承

親族、勤務医や知人、後輩にも後継者がいない場合、3つ目の選択肢として第三者への医院継承という方法を検討します。第三者へ継承する場合の買手候補者については、また後日ブログにてお伝えいたします。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。