ホーム » コラム » 案件情報 » 神奈川県川崎市、消化器内科売却案件

神奈川県川崎市、消化器内科売却案件

  • 案件情報

神奈川県川崎市内科クリニック継承物件

いつもお世話になっております。医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&A支援のメディカルプラスです。

神奈川県川崎市、消化器内科クリニック譲渡案件

このクリニックは、まだ開業してから数年しか経っておらず、建物や内装、医療機器もまだ新しくそのままお使い頂くことが可能です。開業から着実に患者数を伸ばし、月次損益は昨年から黒字化しております。この度、院長の家庭の事情(ご両親の介護)により、やむなくクリニックを売却することとなりました。

売上は毎月増え続けており、平成29年直近実績は4月度昨年同月比126%、5月度昨年同月比145%、6月度昨年同月比125%という増加率で推移しており、継承後の売上拡大余地が十分見込まれる継承案件です。
近隣は開発が進む人口増加中のエリアで、クリニックの需要が増えております。また、都心からのアクセスも非常に便利なため、都心から通勤をお考えの方にもお勧めできる継承案件です。

医療機器は、電子内視鏡システム(オリンパス)、経口内視鏡スコープ(オリンパス)、内視鏡洗浄機、レントゲン、検査用心電図、心電図・酸素モニター、CR、電子カルテ(3台)が導入されています。

前回、後継者を募集させて頂いた後、複数の商談申込を頂きましたが、継承時期など条件が合わなかったため、今回改めて募集させていただくこととなりました。また院長の家庭の事情により、なるべく早くクリニック譲渡を希望しており、譲渡価格を募集当初の4,300万円から3,500万円に変更致しました。

当案件の詳細情報はこちら【SM-1035】からご覧ください。

当案件は営業中の継承案件ですので、ご関心のある方はこちら【✉お問合せ】から弊社までお問合せ下さい。


人気記事