ホーム » コラム » 医療継承コラム » 医療経営士とは?クリニックを経営面や労務面からも強化して事業価値を高めよう

医療経営士とは?クリニックを経営面や労務面からも強化して事業価値を高めよう

  • 医療継承コラム

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日はクリニックM&Aにおいて事業価値を高めるための方法の一つについてお伝えいたします。近年、クリニックM&Aのクリニック譲渡を通じて、早期にリタイアするクリニック経営者が増えています。【コラム:こんなはずじゃなかった!開業医が語る4つの本音…勤務医時代と比べて感じることとは?】という記事でもお伝えしていますが、勤務医時代に比べても、開業医はさらに過酷な労働環境であることがうかがえます。さらには、すべての経営責任を一人で負う院長が、その重圧を誰にも相談できずに孤立している実態も明らかになっています。ここで一つ仮のお話なのですが、院長が一人で孤立している状況が改善でき、さらにクリニックの事業価値を高められる方法があるとしたらどうでしょうか?今回はそのようなお話をさせていただければと思います。

院長が感じている「経営責任」に対するプレッシャー

勤務医から開業医として独立するモチベーションは、勤務医の過酷さからの解放や、より多くの患者を助けたいという献身さから来ています。いいかえれば、より裁量権のある「プレイヤー」としてのレベルアップを望んで、開業医になっている人が多いということです。ところが、いざ開業してみると、理想と現実のギャップに苦しむ開業医が少なくありません。なぜならば、医療行為だけに専念すれば良いというわけではなく、スタッフの募集・教育・労務管理や集患に関する営業行為、税務経理等の管理業務といった、実に幅広い職務に対応しなければならないからです。つまり「プレイヤー」としてではなく「マネージャー」としての役割もこなさなければならないのです。本格的にマネージャーとしての経験を積んでいない院長が多いですから、かなりのプレッシャーを感じるようです。さらに、近年は医療費抑制政策の影響もあり、各業務の負担感は間違いなく増大しつつあります。経営者という立場やプライドもあり、苦しい状況を誰にも相談できず、孤独化する院長も多いようです。これも院長をリタイアへと追い込む一因となっているのです。

自身のレベルアップと理解者の創出

院長自身のマネジメント経験が不足しており、かつ、周囲に理解者がいないという状況が続くと、「こんなはずじゃなかった」という後悔の念が芽生えてきます。そうなる前に一度調べていただきたいのが、「医療経営士」という民間資格です。
医療経営士は、一般社団法人「日本医療実践協会」が主催する民間資格で、「医療機関をマネジメントする上で必要な医療および経営に関する知識と、経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材」 を育成するための検定となっています。
医療経営士の資格を取得することで、ご自身のマネージャーとしてのレベルアップを図ることができます。また、医療スタッフに医療経営士を取得してもらえば、経営判断に関する相談相手ができることになりますから、一人で孤立し、悩むこともなくなるのです。医療スタッフ全体の底上げにもつながりますので、クリニックの事業価値を高めることにもつながるでしょう。
もちろん、医療経営士を取得したからといって、それだけで経営がうまくいくというわけではありません。クリニックの事業価値が高まるという保証もありません。しかし、打開策の暗中模索を続けて、有効な打開策を見いだせないまま、悩みが深刻化し続けるのならば、資格取得を考える余地はあるように思います。リタイアを考えるのは、その後でも良いのではないでしょうか?

参照:一般社団法人日本医療経営実践協会ホームぺージ

クリニックは廃院ではなく譲渡の選択を!

なお、クリニックをリタイアする際には、廃院ではなく、クリニック譲渡がオススメです。廃院の場合には多額のコストがかかるばかりでなく、地域診療への影響なども考えなければなりません。その点、クリニック譲渡であれば、譲渡対価が得られるだけでなく、地域診療への影響なども心配する必要はありません。

クリニック譲渡、医院継承はメディカルプラスにご相談ください

当社では無料相談を実施しております。廃院をご検討されている院長は、廃院を決断される前に当社へご相談ください。クリニックM&Aによる医院継承で地域医療と職員の雇用が継続できる可能性があります。クリニックM&Aを確実に成功させるためにも、ぜひ早めにご相談ください。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事