ホーム » コラム » 医療継承コラム » 専任契約と非専任契約の違いについて

専任契約と非専任契約の違いについて

  • 医療継承コラム

医院継承における専任契約と非専任契約の違い

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日は医院継承の仲介を依頼するアドバイザーとの契約形態についてお伝えいたします。

専任契約と非専任契約の違いとは?

ドクターが医院継承を検討される際、仲介会社とアドバイザリー契約を締結し、アドバイザーは譲渡条件の整理や後継者の探索、マッチング後から成約までの調整や契約書の作成等を行います。仲介会社とのアドバイザリー契約では、専任契約と非専任契約の2種類の契約形態があります。一概にどちらが良いとは言えませんが、それぞれの以下のような特徴があります。

■専任契約

概要:特定の仲介会社1社だけに医院継承の仲介を依頼する契約です。そのため他の仲介会社に重複して後継者探しを依頼することはできません。
メリット:後継者が見つかり成約まで至れば必ず自社の成約実績になるため、アドバイザーが一生懸命取り組む可能性が高い。
デメリット:他社との競争原理が働かず、また候補者の探索において1社のネットワークに依存するため、なかなか候補者が見つからない可能性が高くなる。

 

■非専任契約

概要:複数の仲介会社に医院継承の仲介を依頼することができる契約です。
メリット:複数の仲介会社へ依頼することで、異なるネットワークから候補者へのアプローチが可能になるため、早期に後継者が見つかる可能性が高くなる。
デメリット:アドバイザーによっては、非専任契約の案件よりも専任契約案件の候補者探しを優先されてしまうことがある。

 

仲介会社に医院継承の依頼をする場合には、専任契約と非専任契約それぞれのメリットとデメリットをよく理解、検討されたうえで、依頼するかどうかを決められることをお勧めします。
当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事