ホーム » コラム » 医療継承コラム » 休業・廃業は倒産の10倍、深刻化する医療機関の経営

休業・廃業は倒産の10倍、深刻化する医療機関の経営

  • 医療継承コラム

休業・廃業は倒産の10倍、深刻化する医療機関の経営

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

4月23日付の日刊工業新聞ニュースイッチに「休業・廃業は倒産の10倍、深刻化する医療機関の経営」という記事が掲載されました。

2018年度は医療機関39件が倒産、医療機関400件が休止・廃業・解散

この記事によると、2018年度は病院4件、クリニック19件、歯科クリニック16件の計39件の医療機関が倒産し、2000年以降の過去19年間で5番目の水準とあります。

また、2018年に休業、廃業、解散した医療機関は医療法人、個人含め400件(内訳:病院27件、クリニック305件、歯科クリニック68件)となっており、診療所は2000年以降最多、歯科クリニックは2番目の水準とのことです。
各都道府県における医療機関の休業・廃業・解散の比率は地方に行くほど高い水準となっており、今後もこの傾向はますます強くなっていくものと思われます。

【引用元】ニュースイッチ「休業・廃業は倒産の10倍、深刻化する医療機関の経営」

院長高齢化に加え、人口減少や競合医院増加による患者数減少、売上減少に伴う休止・廃業・解散は市場原理から致し方ないと思いますが、休止・廃業・解散した400件の医療機関になかには、経営状況が良好だったにも関わらず、やむなく休止・廃業・解散に至った医療機関も相当数あると思われます。

当社は医療機関に特化した医院継承、M&A仲介会社として、こうした医療機関の存続と地域医療の継続に引き続き尽力していきたいと思います。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事