ホーム » コラム » 医療継承コラム » クリニックM&Aの理想的な時期とは?

クリニックM&Aの理想的な時期とは?

  • 医療継承コラム

こんにちは。メディカルプラスです。本日はクリニックを売却するうえで最適なタイミングはいつか?ということをテーマにお伝えしてまいります。将来的なクリニックのM&A・売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

クリニックM&A(売却)の理想的な時期とは?

理想的なクリニックの売却時期については、多くの方よりご質問を受ける部分なのですが、実は「何月です」というような定型的な答えを用意しづらいというのが当社の見解で、「ベストなタイミングは人により異なる」とご説明しています。

「民間企業と同じように65歳がベストだろうか?」
「息子が地元に戻ってきたタイミングが良いだろうか?」
「クリニック経営から上がる収益がピークの時だろうか?」etc.

さまざまな声があると思いますが、まずは院長様がポジティブな未来を想像して描いたタイミングこそが、クリニックを売却するベストな時期なのです。何歳まで現役として医業に携わりたいのかは、当然異なります。また院長様のご家族の状況によっても、将来のライフプランは大きく変わってくるはずです。クリニック自体の運営を将来的にどう考えているのかも、ケースバイケースで相違するでしょう。
大切なことは「いつ医院継承をしたいのか、ご自身でシッカリと決めること」。言いかえれば、ご自身が理想とするライフプランを明確化し、そこから継承のタイミングを導き出すということです。継承のタイミングが見えてくれば、そこにターゲティングしてクリニック経営やクリニックM&Aの準備をすることができますから、安全かつ確実にクリニックの売却を進めることができるのです。

クリニックM&A(売却)から得られるリターンを最大化するために

このように、ご自身が理想とするライフプランからクリニックの売却時期を検討していくという手法はとても有効なのですが、ここにもう一つの“ある要素”を加味して時期を具体化していくと、M&Aから得られるリターンを最大化することができるでしょう。

その“ある要素”とは、「クリニック経営が順調な時期に譲渡する」ということです。これはこれからクリニックの売却をお考えの方にとってとても重要なポイントです。クリニック経営が順調な時期とは、クリニックが盛業し利益が出ている時期と言い換えることができます。業績の良いクリニックは、開業を希望するドクターからの人気があります。クリニックの売却価格には相場がありますが、売手と買手の需給バランスで決まるという側面もあります。つまり業績が良いクリニックには多くの買手希望医師から商談申込が入りますので、結果として売却価格を含めたより良い条件でM&Aが成立する可能性が高くなります。
一方、クリニックの経営状況がピーク時と比較し大幅に減収、減益されてから当社にご相談を頂くケースも少なくありません。業績によってクリニックの売却条件や成約できる可能性は異なりますが、場合によってはクリニックを売却すること自体難しいというケースもあります。ライフプランだけではなく、クリニック経営ビジョンも絡めて、クリニックを売却する具体的な時期を確定させていくと良いでしょう。

近しい人への配慮も成功のポイント

このようにして、ご自身の中で希望の売却時期が決まりましたら、ご家族、従業員、患者さんに配慮しつつ、最終的な希望譲渡時期をご決定ください。ご家族にとって、クリニックM&Aは「収入が途絶えてしまうかもしれない」と不安になるものです。やはり心の準備が必要になりますので、ご自身だけで決めるのではなく、ご家族に相談しながら決めるようにしましょう。独断的に進めてしまうと、家族不和の原因となってしまうこともあります。

従業員と患者さんにも同様の配慮が必要です。クリニックを売却した後もクリニックが残るとしても、心のよりどころであった院長がいなくなれば、やはり従業員や患者さんは不安に思うものです。具体的にM&Aの案件が進みましたら、後継者となるドクターに診療に参加してもらい、患者さんや従業員に打ち解けてもらいましょう。いよいよ実際の譲渡間際になったら、その旨を患者さんや従業員にお伝えしてください。

クリニックの売却希望時期が決まったらいつから準備を始めるか

ここまでクリニックの理想的な売却時期についてお伝えしてきました。具体的な売却時期が決まったら、ゴールから逆算していつ頃から準備を始めればいいかという点についても触れておきたいと思います。
クリニックM&Aにかかる一般的な期間は、ご相談いただいてから売却完了までおおよそ1年間になります。また1年で確実に売却できるというわけではありませんので、もう少しゆとりを持って、2年ほど前から準備を始めることをお勧めします。早めに準備を始めたからといって早く売却しないといけないということではなく、あくまで院長様の希望時期に合わせて売却することを前提として後継者探しを行いましょう。ゆとりを持ったスケジュールでクリニックの売却準備を進めることで、より多くの後継候補者と出会える機会が増え、譲渡成功の可能性が高くなるのです。

無料相談を実施しております

当社では無料相談を実施しております。まずはプロに相談しながら自身の気持ちを固めたいという先生をはじめ、医院継承(承継)・クリニック売却買収・医療法人M&Aをお考えの方は、こちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。

*当コラムは2022年7月22日に加筆修正いたしました。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。