ホーム » コラム » 医療継承コラム » こんなはずじゃなかった!開業医が語る4つの本音…勤務医時代と比べて感じることとは?

こんなはずじゃなかった!開業医が語る4つの本音…勤務医時代と比べて感じることとは?

  • 医療継承コラム

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日は開業医が勤務医時代と比較して感じていることについてお伝えいたします。勤務医として勤めている間は、時間的にも体力的にも限界があり、ご自身のやりたいことがやれないという人が多いです。そのような環境を脱し、新しいチャレンジをしたい、という思いから開業医になる人も少なくありません。少し古いデータになりますが、2009年に社団法人日本医師会が発表した「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」から、開業医の本音について分析したいと思います。

新規開業する動機は何?

アンケートによれば、新規開業する目的で一番多かった回答は、「理想の医療を追求するため」で、42.4%でした。3位(26.3%)には「経営も含めたやりがい」という回答が挙げられており、夢や希望に燃えた前向きな新規開業のモチベーションがうかがえます。
一方で、2位「将来に限界を感じた」(35.1%)4位「精神的ストレスに疲弊した」(21.0%)5位「過重労働に疲弊した」(18.6%)という、勤務医の厳しい労働環境を背景とする開業動機も、同じくらい目立っているのが特徴です。

開業医が語る4つの本音

では、実際に開業した後、開業医が感じるのはどのようなことなのでしょうか?同アンケートによれば、以下のような開業医の本音が見えてきます。
本音1 勤務医時代に比べて、過重労働になった(約40%)
本音2 勤務医時代に比べて、精神的ストレスが強くなった(約55%)
本音3 診療についての達成感が高い(約50%)
本音4 自身の医療水準への達成感は高くない(約75%)
精神的ストレスや過重労働に疲弊したことから開業する医師も多いのですが、開業してもストレスや負担感は軽減できていない実態が分かります。とはいうものの、勤務医と開業医では負担がかかる分野が異なる点は注目すべき点です。
勤務医の場合には、「経営会議への出席」や「スタッフの教育や育成」といった業務に時間を割かれ、ストレスを感じることが多いようです。しかし、開業医の場合には、集患やスタッフ採用・教育、さらには税務経理といった経営分野で時間を割かれ、ストレスを感じているケースが多いのです。勤務医時代にはなかった経営管理業務が負担になっているということです。勤務医時代に本格的な経営マネジメントを学んでいる医師は多くないでしょうから、経営管理業務でストレスを感じるのは不自然なことではありません。ただ、これは単純に“不慣れ”というだけではなく、近年の医療費抑制政策の影響が少なくないのです。医療費抑制政策により、高齢者の医者離れが深刻化し、集患にかかるコストはバカにならないものがあります。また、労務管理にも丁寧に対応しないと、医療スタッフの定着率が下がり、新規採用のための余計なコストがかかるようになってしまいます。経営者である院長は、医療業務だけを行っていればよいのではなく、本格的な経営管理業務も行わなければならなくなっており、これがストレスや負担感の増加につながっているのです。
事実、勤務医時代に比べて診療に対する達成感は高いと感じる院長も多くいる一方で、自身の医療水準への達成感は高くないという回答が多くあります。自身へのハードル設定が高いということもあるでしょうが、医療水準のレベルアップまで手が回らないということが開業医の本音でしょう。

参照:【日本医師会】開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査

廃院の前にまずはご相談ください

もし、これから開業するのであれば、将来のビジョンについてもある程度明確にしておくことが重要になります。また、本アンケートから見えるのは「開業医が孤独である」ということです。経営責任の重圧に耐えきれず、廃院を選択する院長も多いのですが、もしそのようなことでお悩みの方がいらっしゃれば、ぜひ当社に一度ご相談ください。

クリニックM&Aは医院継承のメディカルプラスへご相談ください

クリニック譲渡という形をとれば、今抱えていらっしゃる問題の多くを解決することができるはずです。当社では無料相談を実施しております。クリニックM&Aを確実に成功させるためにも、ぜひ早めにご相談ください。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。