ホーム » コラム » 活動報告 » 高知県内科クリニック継承案件のトップ面談がありました。

高知県内科クリニック継承案件のトップ面談がありました。

  • 活動報告

※高知市桂浜

こんにちは。医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&A仲介支援のメディカルプラスです。
皆さんお盆休みはいかがお過ごしでしょうか?
当社はこのお盆休み中に、当社にクリニックM&A(事業承継)のご依頼を頂いている高知県の内科クリニックのトップ面談があり、8月11日(金)、12日(土)の2日間の日程で高知県まで出張してきました。

この高知県のクリニックは以前当社のブログ【高収益なプライマリケアクリニック】でもご紹介させていただいた、地域のプライマリケアを行っている高収益クリニックです。

今回トップ面談を行なった承継候補ドクターからは、先月末当社にお問合せを頂き、以後面談、ネームクリア、詳細資料開示、トップ面談まで約10日という速さでトップ面談が実現しました。

スケジュールが急だったことに加え、この時期の高知県は四国三大祭りの一つである、よさこい祭りの真っ最中ということもあり、飛行機やホテルの予約をなかなか取ることが出来ず、一時は日程延期も検討しましたが、様々な方のお力添えを頂き、何とか無事に飛行機とホテルの予約をとることが出来ました。(今回の訪高にあたりお力添えを頂きました皆様には厚く御礼申し上げます)

※クリニック現地に向かう道中、よさこい祭りに立ち寄り一瞬だけ雰囲気を味わいました

承継候補ドクターは東京都在住で現勤務先も都心ですが、地域医療に高い関心を持っており、医療ニーズが高い、郊外のクリニックを継承したいとの要望があり、今回のトップ面談には際しては奥様と二人で高知県まで来訪されました。

トップ面談は当社立会いのもと、売主側の院長夫妻と、買手候補側の医師夫妻にて行われました。まずお互いの自己紹介を行ってから、クリニックを案内していただき、設備や患者層、診療内容などについて質疑応答を交えながら説明が行われました。診療圏で実質的な競合医院はほとんど皆無で、現院長が行っていない診療内容のなかで、地域ニーズが大きい診療内容の説明や、また、継承後にそのようなニーズに応える診療を行うことでこれだけ伸びしろがあるなど、具体的な数字を交えた説明がありました。

譲渡時期やスタッフの引継ぎなど事業譲渡に関する希望条件についても協議しました。

この日クリニックではトップ面談の予定があったため、臨時休診としていたのですが、トップ面談の合間にも次から次へと患者さんが来院してしまい、その都度、院長と奥様が一人一人丁寧に対応してる姿が印象的でした。

面談は終始和やかな雰囲気で話が弾み、クリニックでの面談は約2時間におよびました。
面談後は、院長が昼食のお店を予約しているとのことで車に乗ってお店に移動しました。

連れて行って頂いたレストランは景色の良い高台にあり、店内に入ると床から天井まで全面ガラス張りのオーシャンビューに広がる、抜けるような青空と鮮やかな青い海はまさに絶景でした。店員さんの話では、この窓からは時々鯨やイルカ、ウミガメなどが泳いでいる姿が見られるそうです。関東では考えられませんね(笑)

食事を終えたあとは、院長夫妻の計らいで近くの観光名所や連携先の病院などをご案内頂きました。

※途中立ち寄ったカフェからの絶景

約5時間にわたるトップ面談では、クリニックの診療内容に経営内容、そしてお互いの人柄まで良くお分かりいただけたと思います。また今回のトップ面談では双方の奥様にもご同席頂いたので、お互いにより親近感がわいたのではないかと思います。

現在、当社は首都圏のクリニック・医療法人のM&A案件を中心に支援しておりますが、今回の高知県のトップ面談を通じて、地域医療の継続という観点からも、このような地方の医療機関を次世代に引き継いでいくことの重要性を改めて実感しました。

※四万十川

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事