ホーム » コラム » 医療継承コラム » クリニックM&Aと通常のM&Aとの違いとは?クリニックM&Aの特殊性を知ろう

クリニックM&Aと通常のM&Aとの違いとは?クリニックM&Aの特殊性を知ろう

  • 医療継承コラム

クリニックM&Aと通常のM&Aとではこんなに違う!クリニックM&Aの特殊性を知ろう

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

本日はクリニックM&Aの特殊性についてお伝えいたします。近年、認知度や注目度が増しつつあるクリニックM&Aですが、その特殊性や困難性についてはあまり知られていないようです。この記事では、クリニックM&Aと一般的なM&Aの異同点に重点を置いて、その特殊性について説明していきます。

クリニックM&Aの特殊性について

まず、クリニックM&Aの全体スキームですが、これは一般企業におけるM&Aと大きな相違はありません。事前相談から始まり、マッチングを経て、MOUの締結、デューデリの実施など、一般企業のM&Aとほとんど同じ流れです。
では、クリニックM&Aは、どのような点で特異といわれるのでしょうか?これについては、大きく3つの点から考えていただくと、ポイントが見えやすくなります。
①行政手続きや契約面が、通常のM&Aに比べ煩雑で難しい
②一般企業のM&Aに比べ、ステークホルダーが多く、調整が難しい
③医業特有の許認可制度やクリニックの経営に精通している必要がある

手続きと契約面について

まず、一つ目の手続きや契約面について、ご説明いたします。クリニックM&Aは、その類型や開設主体の条件によって、進め方や注意点などがガラッと変わります。たとえば個人クリニックなのか、医療法人なのかという点で、内容が変わってきます。また、医療法人であっても、旧法の医療法人(持分あり)なのか、それとも新法の医療法人(持分なし、基金供出型)なのかによって、内容が異なってくるのです。医療法人のM&Aには「出資持分譲渡」と「事業譲渡」がありますが、それぞれの手続きはまったくの別物です。また、クリニックM&Aでは金銭授受が発生しますが、それに伴ってかならず税金の問題も生じてきますので、税務の知識は必須です。くわえるならば、事業譲受する側の事業形態についても考慮しなくてはいけません。クリニックM&Aが、一般的なM&Aに比べて特殊性が高く、同時に煩雑性も高いことがご理解いただけるでしょう。

ステークホルダーの調整について

また、一般的なM&Aに比べて、ステークホルダーが多く、調整が難しいことも、クリニックM&Aの特殊性として挙げられます。患者とその家族、従業員というようにステークホルダーが多岐にわたることから、ビジネスライクな思考だけでは、クリニックM&Aは成功しません。人間を相手にした対応力や想像力、対話力なども問われてくるのです。そのうえで利益を最大化することが求められますから、クリニックM&Aがいかに難しいものなのかがお判りいただけるはずです。

医療業界への専門的知識について

そして、クリニックM&Aを手掛けるには、患者情報の引継ぎや届出のタイミングなど、医療制度に関する深い知識と、クリニック経営に関する専門的な知識が必要です。株式会社制度の一般企業とは、根本的に異なる部分になります。
このように、医業特有の事情に深い理解を示したうえで、通常のM&Aよりも細かい調整や手続きが必要になるのが、クリニックM&Aと言えるでしょう。

クリニックM&Aはとても難しい領域です

正直なことを申し上げれば、クリニックM&Aを専門的に手掛ける業者であっても、ミスを犯してしまうリスクがあるのが、クリニックM&Aなのです。ですから、クリニックM&Aを専門的に手掛ける業者以外に依頼することは、あまり正しい選択とは言えませんし、業者に頼むのであれば信頼性が置ける業者を探すことが重要になってきます。

お気軽にお問い合わせください

当社はクリニック、医療法人など医療専門のM&A仲介会社です。これまで数多くのクリニックM&Aを手掛けてきて、多くのクリニック様に最大の利益をお届けしてきました。こうした経験に裏打ちされた確かな自信と専門的なノウハウを駆使して、これからもお客様の笑顔が見られるように邁進していきます。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。