ホーム » コラム » 医療継承コラム » 医院開業は承継開業の時代へ。承継開業を選択するメリットとデメリットとは?

医院開業は承継開業の時代へ。承継開業を選択するメリットとデメリットとは?

  • 医療継承コラム


医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。
本日はクリニックを開業する際の「承継開業」についてお伝えいたします。現時点ではメジャーな選択肢ではないものの、将来的には主流になるであろう承継開業。それは、新規開業に比べ、承継開業の方がより多くのメリットが認められるからに他なりません。これからクリニックを開業しようとお考えの先生は、ぜひ承継開業も一つの選択肢としてご検討ください。

承継開業とは?そのメリットは?

承継開業とは、クリニックM&Aの一つの形態です。譲渡対価を支払うことで、「A院長」が経営するクリニックを「B院長」が買収することをいいます。「B院長」からすると、もともと経営されていたクリニックを引き継いで開業することになるため、承継開業といわれています。
それでは、承継開業することによるメリットは、どんなところにあるのでしょうか?承継開業のメリットは、大きく2つあります。
①初期の集患などに割く時間的ロスがほとんどない
②新規開業に比べて初期コストが低く抑えられる

承継開業では時間的ロスをヘッジできる

まず①の時間的な観点ですが、既存のクリニックを承継することで、開業準備に要する時間を大幅に短縮できます。たとえば、医療器具や機材などは、そのまま引き継げますので、白紙の状態から準備をする必要はありません。また、従業員等の人材確保についても、新規開業に比べて負担が少なく済みます。そして一番大きいのが、「集患」に関する時間的ロスの部分でしょう。新規開業の場合、初期集患には時間がかかることが一般的です。ゼロベースから苦労して地道に口コミを集めて集患を軌道に乗せなくてはいけませんが、承継開業の場合、「前クリニックの患者」をほとんどそのまま引き継げるのです。つまり、集患に費やす時間的な負担が圧倒的に少なくて済むということになります。

承継開業では金銭的コストを抑えることができる

続いて②のコスト的な観点ですが、これは①で説明しました事例を、時間ではなく金銭的コストという側面から見ていただくと良いでしょう。医療器具や機材を引き継げるということは、それだけ開業にかかるイニシャルコストを削減できるということを意味します。従業員等の人材確保についても、大々的な募集広告を打つ必要がありません。また、集患に関してですが、新規開業の場合に生じる集患が軌道に乗るまでの人的コストが削減できるだけなく、早期に集患できますので早い段階から収益計上が期待できる効果も有しています。つまり、支出を抑えつつ、収入は早い段階から期待できるということです。
条件によっても異なりますが、新規開業に比べて承継開業をした場合、5000万円前後の資金的な優位性があるとも言われています。これは、診療報酬の改定や患者数の減少がクリニック経営に暗い影を落としている中で、非常に大きなメリットと考えられます。
承継開業するためには、譲渡対価を支払う必要がありますが、それにより「時間」を買い、「コスト」に関する諸リスクを抑えていると解釈することができるのです。

承継開業のデメリット

前述のように承継開業にはメリットが多いのですが、多少のデメリットもあります。
①売手とのマッチングが重要であるが、案件情報が入りづらい
②クリニックM&Aは、手続きが非常に煩雑である
③機材の耐用年数が少ないことが多く、内装も前院長の選定したものである
しかし、これらは専門業者に依頼することで、すべて解決することができます。

案件紹介から承継後のフォローマップまでワンストップでサポートします

当社はクリニック、医療法人を専門とするM&A仲介会社です。多くの売手様の案件を抱えていますので、希望条件でのマッチングを、なるべくご希望のタイミングで成立させられます。また当社では案件のご紹介から、マッチング、資金調達、クロージング、フォローアップまでワンストップで支援しております。さらに承継開業後の医療機器のリプレイスやリノベーション、医療法人を承継する場合の税務/労務リスク等に関する解決もお任せください。当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事