ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】東京都23区(城西エリア)眼科案件 事業譲渡契約調印

【成約報告】東京都23区(城西エリア)眼科案件 事業譲渡契約調印

  • 活動報告

本日、東京都23区(城西エリア)にある個人開設の眼科クリニックの事業譲渡契約を締結いたしました。

【SM-1280】東京都23区(城西エリア) 眼科案件

当該案件は、渋谷へのアクセスも良く高齢者から若い子育て世帯がバランス良く住んでいる地域にあり、商圏内の足元人口も多く閑静な住宅地に開業をしているクリニックです。現院長先生は約16年間地域医療に携わってこられましたが、現院長は「元気なうちに後任の方にクリニックをお譲りし、眼科医として今以上に見識を広げたい」との事で後継者探索のご依頼をいただきました。

当該案件の立地の良さから多くの後継者にご関心をいただき、多くの候補者の中から今回後継者となりました先生は非常に物腰が柔らかく丁寧な先生で現院長先生からも「複数の後継者と面談をしましたが、お話をさせていただいた中で一番好印象でした。この先生でしたら今通院されている患者を任せたいと思いますし、患者も喜んで先生のお話を聞いてくれると思います。」と言うお言葉をいただき本日の契約に至りました。

2021年10月末のクロージング日まで約6ヶ月間ありますが、クリニックの継承に向けて患者の引継ぎ・従業員との人間関係の構築・クリニックを経営して行く上でのノウハウを現院長先生からしっかり引継ぎを行っていただきます。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック売却買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。