ホーム » コラム » 活動報告 » 医療法人M&A案件のトップ面談がありました。

医療法人M&A案件のトップ面談がありました。

  • 活動報告

医院承継トップ面談

いつもお世話になっております。医院継承(承継)、クリニックM&A仲介支援のメディカルプラスです。

昨日夜、医療法人M&A案件のトップ面談がありました。

アドバイザリー形式の医療法人M&A案件

今回の承継案件はとても盛業している内科クリニックを経営されている医療法人のM&A案件です。本案件は当社が売手と買手双方をコンサルティングする仲介形式ではなく、売手と買手双方にコンサルタントが入るアドバイザー形式の案件です。売手側には某銀行のM&A専任アドバイザーがつき、当社はこれからご開業される買手側ドクターのアドバイザーとしてサポートさせて頂いております。

トップ面談は、売手側理事長の友人医師が経営している総合病院の会議室にて行われました。メンバーは今回の売手となる理事長と売手側アドバイザー、買手側となるドクターと当社の4組に加え、場所をご提供いただいた病院の院長が見届け人として同席し、合計5者で面談が行われました。

面談では、譲渡スキーム、社員役員の入替、スケジュール、役員貸付金及び借入金の清算、車両など法人所有資産の買取り、不動産の賃貸借条件、現従業員の雇用継続条件並びに従業員への開示方法と開示時期について協議しました。協議事項の中で重要なポイントの一つが譲渡スケジュールでした。売手理事長は少しでも早く医療法人を引き継いでリタイアされることを希望しており、買手ドクターの現勤務先の退職可能時期との間に差がありました。当事者間で協議した結果、今年秋に引継ぎということで双方合意することができました。

M&A交渉と並行して承継後の事業計画立案と実行サポート

本案件では、医療法人の承継に伴い、大型医療機器の新規導入と、それに伴う大規模な改修工事が必要となります。これから一級建築士や建設会社、医療機器メーカー、設備業者などを交え、診療を休まずスムーズな承継ができるように事業計画と全体スケジュール計画を立てて、予算管理、資金調達など包括的にコントロールしていく必要があります。医療法人M&A仲介だけではなく、今まで多数のクリニック開業支援を行ってきた当社の強みを最大限発揮できる案件ですので、買手ドクターにより良い医院経営をスタートして頂けるように全力で頑張りたいと思います。

当社では無料相談を実施しております。医院継承、クリニック売却買収、医院開業をお考えの方はこちらより【✉お問合せ】お気軽にお問い合わせください。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。