ホーム » コラム » 活動報告 » 【成約報告】東京都医療法人の出資持分譲渡契約調印

【成約報告】東京都医療法人の出資持分譲渡契約調印

  • 活動報告

東京都整形外科医療法人譲渡契約

医院継承(承継)、クリニック売買、医療法人M&Aのメディカルプラスです。

本日は、東京都内にある医療法人の出資持分譲渡契約がありました。

19床の整形外科有床診療所として開業

この医療法人は、譲渡された院長が平成13年に19床の病床を有する整形外科の有床診療所として個人で開業され、平成17年に医療法人化されました。
病床を有するクリニックですので、手術や救急の受け入れを積極的に行い、地域医療に貢献されてきましたが、院長の体調不良のため、当社に医療法人譲渡のご相談をいただきました。院長にはドクターであるご子息がいらっしゃいますが、ご子息は実家を継承されない意向だったため、当社で後継者探しをお手伝いさせていただきました。

ご相談から3週間で最終契約調印

本案件は、売主様が早めの譲渡を希望されていたため、公式ホームページでは案件情報を公開せず非公開案件として、当社にご登録いただいている買手候補者のなかからマッチングを行い、ご相談から3週間というスピードで最終契約調印となりました。

本日の契約調印には譲渡されるドクターとご家族、譲り受けるドクターに加え、顧問税理士と行政書士に同席していただき、医療法人の資産負債の整理方法及び今後の定款変更等の行政手続きの流れとスケジュールについて打ち合わせを行いました。

これから税理士の方では、資産負債の整理と退職金の支払い手続きを行っていただき、行政書士の方では、医療法人の主たる事務所の変更と、分院開設および現クリニックの廃止等の行政手続きをおこなっていただきます。

当社では無料相談を実施しております。医院継承(承継)、クリニック買収、医療法人M&Aをお考えの方はこちらより【✉お問い合わせ】お気軽にお問合せ下さい。


人気記事


会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。