ホーム » お客様の声 » 井手ハートクリニック 奥村弘史先生 医院承継インタビュー
譲受成功事例

井手ハートクリニック 奥村弘史先生 インタビュー

Q1 医院承継から1年が経ちました現在の心境をお聞かせください

1年というのは本当にあっという間で、まだ実感がわかない感じですね。
1ヶ月前と大きく変わっているかというと、やっぱりまだ新しいこと、日々発見があるので、まだまだちょっと落ち着いて院長という感じではないですね。

Q2 いつ頃から開業をお考えだったのですか?

2020年くらいからでしょうか?
病院での外来業務のウエイトがすごく増えてきたということと、ある程度仕事をやり尽くした感もあったのかもしれないですが、元々は循環器救急医療を主にやっていたので、それこそ夜中とか関係なく呼ばれたら飛んでいくという仕事でしたので、だいぶスタイルはガラッと変わった感じですね。

周りで開業されている先生がちらほら出てきたというのもありますし、病院での救急診療というのもこれから年齢を重ねると 24時間働くというのはやっぱり難しくなってくるので(既存の患者さんが)、信頼されている先生のところへ受診するというのはこちらも嬉しかったことなので、そういうところに身を置きたいなと思ったのもあったのかと思います。

Q3 継承を選んだ理由はありますか?

やはり全くわからなかったので、新規でやることと継承させていただくこと両方同時に考えていたので、最初は継承というのはある程度引き継ぎをしていけばいいのかなと思っていたので、最初はそっちがいいと思っていましたが、やっぱり新しく始めたほうがいいのかなっていうのと、他の先輩、開業医の先生の話を聞くとみなさんどちらの意見もありました。

新規だと「今日は天気も悪いし誰も来ないぞ」っていうそういう不安ストレスがやっぱりあって、みなさんの意見を聞くと相当マーケティングとかを考えて開業されても最初の1・2ヶ月とか、その後もやっぱりどうしても患者さんが来られない時期っていうのがあるようですし、あとはスタッフのみなさんもいい人なんでしょうけど、どうしても合わない方がいらっしゃった時に悩まれるとか、鬱じゃないですけどかなり立ち回れなくなるような経験をされているようなので、そういう意味では継承というのはそこがかなり負担が取れるのかなと思いますね。

Q4 こちらのクリニックを継承するきっかけはありましたか?

いくつか継承を考えていたところ(前院長の)井手先生から突然ご連絡をいただいて 「ちょっと会わない?」という話で、それでお話をいただいたというのが正直なところです。

以前働いていた病院からあまり遠くないというのが最大のメリットと本当に(井手先生が)ものすごく活躍されていた先生であり、クリニックであるのでこれはありがたいお話だなと思いました 。(院長が代わり患者さんが)「あれ?」っていうところから始まり、つまりマイナスから始まってしまうことも少なくなかったので戸惑ったり、ご説明してご理解をいただくところから始まったので 最初は余計時間もかかったし、ちょっと大変なこともありましたけど、幸いほとんどの方がまだ通院していただいているので、それは本当にありがたいことだなと思ってますね。

今1年経ってやっと引き継いでというところなので、これから1年2年かけてどうやって発展させていくか、というのがこれからの課題かなと思ってますね。

Q5 メディカルプラスを選んだ理由はなんですか?

本当にたまたまなんですけど最初何もわからなかった時に 「じゃあ誰に聞こう?」というのをやっぱりパソコンで色々調べるんですけど、その時に新規開業と調べてると斡旋業者みたいなのがいっぱい出てきて、後には会ってみたりしたんですけど継承開業で近くで調べた時に、たまたまお近くでそういう話があったのでそれで最初にコンタクトさせていただきました。

全く別のクリニックさんで継承開業という話が出ていたので、勉強がてらにどういう段取りでやっていくのかなと教わるためにもということでお話しさせてもらったのが最初ですね。

Q6 他の業者にも相談されましたか?

他の業者さんにもお会いしてみた事は 2社くらいあったんですけど、本当のところ言うと比較しちゃいけないですけど、上辺だけのところが多くてなんの説明もなくて、ただご紹介いただいて向こうの先生にお会いして 「どうですか決まりました?」というような。そんな簡単なものではないと思うんですけど、そういったことが多かったのでその辺は戸惑いもあったし、向こうがどんなにいい条件でいい先生でいい環境であっても、なんでこんな紹介の仕方しかできないのかなというのが多くて。

その点(メディカルスタッフの)濱田さんは安心して頼むとすぐお返事いただけるし、細かいことも嫌と言わずに調べてくださったりとか、その辺は本当にありがたかったので、とてもいい印象だったのが残ってました。
どんなに信頼している先生でもこういう法的な部分は、第三者の方に入っていただかないとお金のこととか細かいところは言った言わないとかあるでしょうし。
事務的な手続きが本当にいっぱいあるので、その点は全く素人にはわからないので 他の業者さんに頼んでもとは思っていたので、濱田さんとはその後も何回かやりとりはしていたので、ほぼ間違いなくお願いできたらなと思ってお願いしたところ、快諾いただいたので本当に良かったと思っています。

Q7 メディカルプラスの対応はいかがでしたか?

細かいところで上部だけじゃなくて、しっかりスタッフのこととか調べていただいたり、いろいろな業者さんなど紹介いただいたり、銀行の紹介もいただいてちょっと困ったことでも 「このクリニックはこうでしたよ」と教えていただけるので本当に助かりました。
本当に縁というのは大事ですよね。僕がこの地に住むことになって勤務することになったり、井手先生からお話をいただいたり、本当に縁なのでその点では僕は産まれてからずっと恵まれいるなと思うんですけど、お仕事に関してでもやっぱり縁があると思うんで、その大事な縁を見落とさないように長く続けていけたらなと思いますね。

Q8 実際に継承してから変わったことはありますか?

3ヶ月くらいは何もせず現状把握ということで膨大な紙カルテもあったんですけど、それを使いながらの診療でしたね。

開業から20年経ってらっしゃるのでとても綺麗にお使いになっていたんですが、やっぱり老朽化もありましたし、変わったよという印象を与えるためには患者さんに印象を持っていただくために窮屈な部分が多くて、待合室もとにかく狭くて受付が2つあったりとかその辺を統合して、なるべく温かい感じにしようかと床・壁紙・扉は全部変えさせていただいて、後ろの水回りもできるだけ変えて導線も一部塞がっていた壁を繋げたりとか、表の通路と裏の通路ができるように設計していただいて今に至っていますかね。

お金のことを考えると1年後でもいいかなと思っていたんですけど、スタッフの方もぜひ変えてください。という励ましじゃないけど背中を押していただいたので、やってみないとわからなかったんですけど、思い切って夏休みをちょっと増やしていただいて、今は変えて良かったなと思いますね。

本当に大事に使われていたものばかりなので、全部新しく変えてしまうのも寂しいですしね。少し前のクリニックのものも残ってますけどそれはそれでちょうどいいのかなと思ってます。

Q9 継承に不安はありましたか?

新規でも継承でも開業というのはどの業種でもそうですけど、やっぱり不安なことが期待も不安も両方あると思うんですよね。期待と不安をどうやって解決してくかというか、進んでいけるかというのはとても大事なので、その時のいいパートナーとしてメディカルプラスがあったのは嬉しかったし、それからスタッフの方々に恵まれたというのが一番ですかね。

当初のスタッフの方々がみんな残っていただいたのが一つと、それから事務の統合というか経営母体が2つあったのを1つにさせてもらったので、すごく大変だったんですけど、あまり文句も言わずにしっかり引き継いでいただいたので、この辺がとても助かったというか嬉しいことなんですけど、逆に僕の方がやらなきゃいけないことがまだいっぱいあると思うので、その辺はこれから色々協議してこうしていこうというのを考えていくところですね。

Q10 スタッフの方との関係はいかがですか?

これはどの企業・職種でもそうですけど、今の現状に満足していたら、そこで成長が止まっちゃうので、この状況は確かに他のクリニックさんよりも潤っているかもしれないですけど 、指を咥えて井手先生の財産を食い潰すというか正直スネをかじっているような状況だと思っているので、もっと良くしようという、常に危機感を持って他のクリニックさんのことも勉強させていただいたりとかしていかないと、発展していくことは難しいと思うので、その辺はスタッフの方々も一生懸命やってくれてるので、これから発展していくぞというところでは満足していますね。

Q11 これから目指していきたいことなど 目標はありますか?

最低限地域に根付いていくというのは大事なことだと思うので、今までは待ち時間が多いとか、せっかくきていただいたのに長いので帰ってしまうという患者さんが多かったようなので、今もなくはないんですけどできるだけ電子カルテを入れたりとか、それから会計システムを変えたりとか、まだまだやらなきゃいけないことが多いと思うんですけど、気楽に安心して帰っていただく。
そこにストレスがないようにというのが一番であって、患者さんがほっとできる。そして2番目にスタッフも安心できる。そういったクリニックを目指しているところですかね。

まだまだ多少知っていても新人というつもりでいるので、結婚ならまだ新婚気分だと思うので浮かれることがないんですけど、まだ新しいことばかりなので本当に日々勉強しているところなので、これから新しいことを吸収して新しいことを患者さんにお渡しできるように、みんなで勉強していこうかなということを始めているところですね 。

Q12 新規開業しようか悩んでいる先生方に 今回の経験を通して一言お願いします

一口に継承といっても僕の場合は同じ分野を主たる科として、信頼を得ていた先生から直接いただいたお話で本当に恵まれていたなと思うので、こういうことは少ないのかなと思うんですよね。
前医院の先生の診療を一番に大切にして引き継ぐというのが 1番とても大事なことで、それを踏まえて自分のカラーを出していくというのが 2番目になるのかなと思います。

継承にしろ新規にしろ本当に不安が多いと思うので、その時には信頼できるパートナーを見つけて教わって勉強してということが大事かな。なるべく自分の負担を少なく、でもしっかり安心して継承するということが大事だと思うのでぜひ良きパートナーを見つけていただければと思います。


関連記事

会員登録 ご登録いただくと、最新の案件情報をいち早くお届けいたします。